2006年11月25日

ビジーズ ボトムライヴ

 勤労感謝の日の23日、松本桐の「ボトムダラー」でビジーズの月例ライヴを行ないました。
「あれ? ビジーズって4人組?」
 いんや、ピョンくん隠れとりますから…。

 皆さん、普段の勤労を感謝して…自宅でゆっくり…だったのか、お客さんの入りはイマイチ…いや、イマニ…ほど。久々に空席の目立つ中での演奏と相成りました。

 まぁ、そんな事ぁ気にもしないアタシらですから、いつもと同じ感覚で演奏したのは言うまでもありませんが、やっぱり、何だかんだ言っても、お客さんの多いトコで演奏した方が、良いに越した事はありませんね。

 たまたま、何かあったか…して、演奏日に満席になったところで、それを「人気がある」と勘違いしてしまったりする部分も、今まで、無きにしもあらず…なのかも。
 それに最近、演奏曲も代り映えしないし、ステージ上で演目決めてアタフタしたりと、アマチュアバンド特有のステージになってしまっている…ような気もしてなりません。

 もっと、今回はウェストコーストサウンド「オンリーで行こう!」とか、曲調を決めてしまったり、ステージの演出やMCも、それなりに気を使うとか、アピールした方が良いのかも知れませんね。

 え〜、話ぁ全然違いますが、そのライヴの終わりがけに、駆け込み入店(笑)下さったお二方。まさか私の娘と同じ年代だったとは思いも依りませんでした! いや〜年は取りたくないですね…。ホント(苦笑)。

 それにしても、最後のアンコールに「スモークオンザウォーター」演るのは疲れますわ。

投稿者 百 : 06:58 | Live

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ