2007年7月30日

トリプルステージ

 昨日はビジーズにとって、且つてないほど忙しい一日でありました。何故かと言えば、タイトルそのまま3ステージを、それぞれ違った場所でこなしたからに他ありません。

 まぁ、一日とは言っても、実際午後からでしたから、半日…と言えば半日なのですが、帰宅したのが深夜でしたから、ほぼ一日なのでしょう。

 まず、午後2時半から山形村の特別養護老人福祉施設“ピアやまがた”で慰問演奏を行いました。約40分ほどのステージで、演奏曲は誰でも知っている「上を向いて歩こう」や沖縄の「涙そうそう」「花」などなど。
 当初は「音楽を解ってもらえるのか?」…いや、それより何より「聴いていてくれるのか?」と少々不安だったのですが、実際演奏を始めると、入所者の皆さんはマナー良く聴いて下さり、最後にはアンコールまで頂いてしまいました。
 演奏を終えると「今度はいつ来るの?」とか「また絶対来て下さいね!」と握手攻め。まるで有名人にでもなった…かのようでした。
続きを読んだり写真を見たり

投稿者 百 : 11:23 | Live | コメント (0) | -

2007年7月25日

苗圃跡地からの穂高

 昨日、快晴だったので苗圃跡地に行って見ました。穂高連峰がどのように見えるかを確かめたかったからなのですが…。

 行ってビックリ!

 先日行った時は、厚い雲で全く北アルプスが見えなかったのが、昨日はご覧のとおり素晴らしい眺望! こんな良い場所に「電波塔基地を建設する」などと誰が発案したのか?…と怒りさえ覚えました。
 いくら財政が厳しいからと言って、電波塔基地など建てたら、電磁波の問題もあるでしょうが、この素晴らしい景色を見ながら、また景色に囲まれながら、遊んだり歌ったり走ったり寝転がったり…まったく出来なくなっちゃうんですから。

 やはり、この場所は、多少の駐車スペースを確保して、トイレを設置し、そして野外ステージを建てる…くらいで済ましておいた方が良いのではないでしょうか?
 花畑やハーブ園など何処へ行ってもありますし、たとえそれを造ったとしても後の手入れが大変です。このまま牧草地を残し、使う前に刈ってもらえば、それ以上何も必要なものは無いと思うのです。

続きを読む "苗圃跡地からの穂高"

投稿者 百 : 10:42 | News | コメント (0) | -

2007年7月18日

塩尻市民音楽祭 次回開催候補地

 昨日17日、塩尻市民音楽祭バンド部会の実行委員4名で、次回の塩尻市民音楽祭バンド部会の開催候補地の視察に向いました。

 今回、第3回の市民音楽祭バンドの部の会場は、当初「にぎわい広場」を予定していたのですが、雨(台風接近)のため、会場を総合文化センター講堂に移して開催いたしました。
 ところが、次回2008年には「にぎわい広場」が「市民交流センター」建設のため使用できなくなってしまいます。市民音楽祭が開催された直後なのですが、今からその開催候補地を探す必要があるのです。

 そこで、昨日訪れたのが、長野県から払い下げられて現在市有地となっている苗圃跡地です(写真上)。
続きを読む "塩尻市民音楽祭 次回開催候補地"

投稿者 百 : 12:23 | News | コメント (2) | -

2007年7月17日

the Impressions

 一昨日、塩尻市民音楽祭に出演いただいた“the Impressions”のライヴに行ってきました。場所は松本市桐のボトムダラー

 何年か振りのオリジナルメンバーでのライヴ…とのことでしたが、前日の1時間のリハが効いてか、素晴らしい演奏でした。

 ん? トリオか…ですって? いいえ、しっかりカルテットですから。
続きはこちらをご覧下さい

投稿者 百 : 09:13 | Live | コメント (2) | -

2007年7月16日

第3回 塩尻市民音楽祭

 第3回塩尻市民音楽祭・・・やっと終わった〜!

 いや〜、今日だけでも朝7時からの仕込み…と、それはもう長い1日でした…。

 思い起こせば3年前、第1回の塩尻市民音楽祭は手探り状態の開催でしたが、第2回を経て、今回は少しは楽になる…と思いきや、まさかの広告入りプログラムの作成…といった仕事(ボランティア)が追加されてしまい、結局、その作業に約1ヶ月を費やしてしまって、バンドコンテストのチラシや本番のチラシ・ポスターの制作も遅れてしまう有様。
 もう、自分でも何をやっているのか解らないほどの過密スケジュールで本番を迎えようとした矢先の一昨日(14日)、何とニュースで台風4号が本州直撃だって!? 急遽、野外で行う筈だったバンドの部は総合文化センターの講堂で開催する羽目になってしまいました。

 当日の昨日は台風も逸れ、何とか小雨程度で済んだものの、もう半ば「ヤケクソ」気分で本番を迎えたのでありました。

 んで本番…。

 開催会場がレザンホールと総合文化センター講堂と、変に近い距離にあったため、何度も往復することとなってしまい、総合文化センター内でも、かけずり回ること数知れず、もう膝から下の感覚がない状態でバンドの部の最後のステージに立ったのでした。

 案の定、演奏はボロボロ…。

 やっぱ、実行委員長が演奏しちゃ〜駄目っすね。

・・と、つらつらボヤキを書いてしまいましたが、実際、今回の市民音楽祭には、思った以上のお客さんが会場に足を運んで下さり、ある意味大成功だったと思います。
 ある意味…としたのは、台風の接近により、予定していたフリーマーケットや野外の出店などが行われなかった為です。特に、フリーマーケットに関しては、今まで開催された3回とも雨で中止…みたいなものでしたから、次回、またお願いしても多くの出店は見込めないんでしょうね。たぶん…。

 実際の演奏の方は、私自身バンドの部に張り付いていたので、バンドの方しか解りませんが、皆さん素晴らしい演奏を披露して下さっていました。私ら桃判を除いては…(苦笑)。
 レザンホールの方も、開会式直後の演奏を少し聴きましたが、こちらも素晴らしい演奏でした。

 それもこれも、この音楽祭に関わって下さった市職員の皆さんのバックアップがあったからで、さらに、音響やMCなどのスタッフの皆さんのご協力、出演者の皆さんの熱い演奏、そしてプログラム広告に企業・商店・団体からご協賛をいただいたからと感謝しております。皆様、まことに有り難うございました。m(_ _)m

 因みに、一番上の写真は中野祐次さん率いる「The Impressions」の演奏風景です。

投稿者 百 : 10:46 | News | コメント (2) | -

| Top