2007年7月25日

苗圃跡地からの穂高

 昨日、快晴だったので苗圃跡地に行って見ました。穂高連峰がどのように見えるかを確かめたかったからなのですが…。

 行ってビックリ!

 先日行った時は、厚い雲で全く北アルプスが見えなかったのが、昨日はご覧のとおり素晴らしい眺望! こんな良い場所に「電波塔基地を建設する」などと誰が発案したのか?…と怒りさえ覚えました。
 いくら財政が厳しいからと言って、電波塔基地など建てたら、電磁波の問題もあるでしょうが、この素晴らしい景色を見ながら、また景色に囲まれながら、遊んだり歌ったり走ったり寝転がったり…まったく出来なくなっちゃうんですから。

 やはり、この場所は、多少の駐車スペースを確保して、トイレを設置し、そして野外ステージを建てる…くらいで済ましておいた方が良いのではないでしょうか?
 花畑やハーブ園など何処へ行ってもありますし、たとえそれを造ったとしても後の手入れが大変です。このまま牧草地を残し、使う前に刈ってもらえば、それ以上何も必要なものは無いと思うのです。

投稿者 百 : 10:42 | News

 実際、苗圃跡地からの穂高連峰は、右写真のように見えました。以前、このブログで「唯一穂高が見える場所」と書きましたが、それは全く間違いで、穂高は市内のいたる所で見る事が出来ます。ただし、これだけ眺望の素晴らしい場所(空き地)は他には見あたりません。

 こんな場所に、野外ステージがあって演奏できたなら、どんなに素晴らしいでしょう!

…と言うより、この場所だったら、演奏しているのを見た方が良い…かな?

投稿者 百 : 2007年7月25日 10:49

 この苗圃跡地は、嬉しい事に周りを防風林が取り囲んでいます。何が嬉しいかと言えば、もし・・もしも…ですが、この場所で大きな有料イベントが開催されるならば、この防風林が威力を発揮するからなのです。
 大きな有料野外イベントの場合、主催者側が頭を痛める問題が「警備」なのですが、この跡地の南北に延びる防風林の外側は1.5m〜2.5mほどの土手になっていて(右写真)、防風林が土手の上に生えているため、網を張り巡らすだけで外と内とが隔絶できるのです。
 警備員を皆無に…は不可能でしょうが、普段のイベントの1/3いや2割ほどで済んでしまいそうです。

 また、これだけの広さがあるのですから、駐車場の確保さえ考えれば、数万人規模の大イベントも可能です。

 さらに、以前書いたように「みどり湖パーキング」が、この跡地のすぐ下(西側)にありますから、高速バスでの集客も望めます。もちろん、高速バス料金を含んだチケットを発行して、バス会社とタイアップしてイベントを開催する事も可能です。

投稿者 百 : 2007年7月25日 11:05

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ