2007年7月30日

トリプルステージ

 昨日はビジーズにとって、且つてないほど忙しい一日でありました。何故かと言えば、タイトルそのまま3ステージを、それぞれ違った場所でこなしたからに他ありません。

 まぁ、一日とは言っても、実際午後からでしたから、半日…と言えば半日なのですが、帰宅したのが深夜でしたから、ほぼ一日なのでしょう。

 まず、午後2時半から山形村の特別養護老人福祉施設“ピアやまがた”で慰問演奏を行いました。約40分ほどのステージで、演奏曲は誰でも知っている「上を向いて歩こう」や沖縄の「涙そうそう」「花」などなど。
 当初は「音楽を解ってもらえるのか?」…いや、それより何より「聴いていてくれるのか?」と少々不安だったのですが、実際演奏を始めると、入所者の皆さんはマナー良く聴いて下さり、最後にはアンコールまで頂いてしまいました。
 演奏を終えると「今度はいつ来るの?」とか「また絶対来て下さいね!」と握手攻め。まるで有名人にでもなった…かのようでした。

投稿者 百 : 11:23 | Live

 ピアやまがたでの演奏を終え、慌てて向ったのが塩尻国道19号線沿いのラーメン店“どさん娘大将”。ここでは毎年「海の日」にフォークジャンボリーが行われているのですが、ここ数年、雨に降られて中止する事が多かったので、今年はこの29日に変更されたのでした。
 会場にはいくつかの出店が並び、その売り子?さんたちは皆見知った人ばかり。こんな「手作りのイベントが一番なんだろうな〜?」

 我らビジーズの出番は、当初の3時半に間に合わなかったため4時半からに。

 ここでは、松本音楽団さんのサックスプレーヤーT井氏をゲストに招き、先ほどの慰問演奏とは全く違ったビリー・ジョエルやグローヴァー・ワシントン・Jrなどの曲を演奏しました。
 このフォークジャンボリーでの模様は、ビジーズのホームページに詳しく?掲載しました。

投稿者 百 : 2007年8月4日 12:27

 さぁ、最後のステージは松本桐の大人のライブハウス“ボトムダラー”での定例ライブ。

 どさん娘大将からの移動時間が充分あると思っていましたが、ドラムを降ろして…とかやってたら、案外ギリギリで到着。

 私の場合、2ステージ分の疲れも出て、演奏はボロボロでした。特に「Just the way you are」はカミさんにボロクソに言われてしまった…。(ToT;)

投稿者 百 : 2007年8月4日 12:55

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ