2007年8月11日

10年ぶりに…

 昨日、約10年ぶりにスネアドラムを買ってしまいました。それは「GRETSCH」のピッコロタイプのスネアで、サイズは13"×4"で型番は「S0413SST/BWD」。

 以前、ドラムマガジンの「格安小径スネア特集」だったかで紹介されていて注文し、約半年待たされる…と言われていたものが、僅か?3ヶ月経過して昨日届いたわけです。

投稿者 百 : 10:19 | Hot!

 丁度ビジーズの練習があったので、その練習で叩いてみたのですが、これが…

なかなか良いのです!

 約10年前に購入した同じ「GRETSCH(右写真→)」の…けれども「S0413SST/BWD」より10万円も高かった…「G-4157」は、購入後スタジオに入って叩いたのですが、その音に愕然とし、好みの音を出すために約1年を要した事を考えると、初めから『かなり良い音』が出たS-413SSTには「GRETSCH」の…いや、ドラム製造過程での…質の向上が急激に良くなったと思わざるを得ません。

 また、最近のドラムに関して言えば、アメリカ製やドイツ製だったものが、廉価版に於いては台湾で製造される事が多くなりました。これも、最初は「あまり音が良くない」などとも言われていましたが、ここに来て、高価なものとあまり変わらない製品が格安で出回るようになり、台湾の製造会社の質の向上や職人の腕の向上が相当図られたのでは?…と思えるのです。

投稿者 百 : 2007年8月12日 11:29

 実際「G-4157」と「S-413SST」とを比べてみると、まずボディシェルがメイプルとバスウッドとの違い。またフープの素材やスナッピー・スイッチが異なることを除いては、ほぼ同じ仕様だったりします。

モデルG-4157S-413SST
サイズ14"x5"13"x4"
ボディ6 ply maple6 ply Basswood
フープアルミダイキャストスチール(1.6mm)
ラ グ88
スナッピスイッチ
ヘッドEVANS genera g2 corted
当初は remo
EVANS genera g1 corted

投稿者 百 : 2007年8月12日 11:30

 さて、実際に叩いた感じですが「まさにグレッチの音!」なのでした。

 ハリがあって粒立ちも良く、スナッピーの食い付きもよいんですね。まったく「G-4157」に比べて遜色が無いほど良くできたスネアです。
 それでいて、定価が約19,000円なんですから、驚きです。
#因みに、購入価格は16,000円ほどでした。

 今どき、子供のオモチャだってそのぐらいしちゃう事を考えれば、もう、大人のオモチャにしては最高ですね、コレっ!
 恐るべし、台湾職人!!

投稿者 百 : 2007年8月12日 12:29

コメント

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ